読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約と散財のハザマのワーママブログ

都内在住の30代。息子2歳。ワーキングマザーの息抜きブログです。

食べない子も、きっと食べるようになる!

同僚ママたちとランチをした時に、あるママが

「うちの子(4歳)全然食べなくてー。たぶん、お腹空いたっていう概念がないんだと思う」と言っていた。

 

みんな、ママさんたちは「そんなことってあるー?」と言ってたけど、

私ひとりだけ「分かりますそれ!」と発言した。

 

すっごいわかるのです。

私、小さい頃、お腹空いたってどういう感覚かわからなかった。

なので、食(ごはん)に対する欲がまったくなかった。

 

時間通りに出されるから、ご飯の時間だと思い食べていたし、

お菓子は、食べたい〜と思うこともあったけど、それは美味しそうだから食べたいと思っただけで、

お腹が空いたから食べたい、というものではなかった。

みんながいう「お腹空いた」ってどーいうことなんだろう…と思っていて、

「お腹空いた…?」って聞かれた時には「…うん(よくわかんないけど)」みたいに適当に答えていた。。

 

だから食べるのも遅かった。

幼稚園ではいつも取り残され、小学校低学年でも、そのあとの掃除の時間まで食べていたり。

なんでも人より早かったり上回ってないと気に入らなかった、負けず嫌いの私には屈辱だった。

 

それがある時を境に、急にお腹が空くようになりった。

小4くらいのときです。

ある日急にお腹が空いた感覚があった。

「あ!これがお腹が空いたってことなんだ!」と。めっちゃ感動したのを覚えています。

もはや革命でした。

 

それまではあくまで生命維持のために(という意識はなかったが)食べていたけど、

お腹が空くようになったことで、

好きなお菓子のように、能動的に食べたいと思うようになった。

ご飯の美味しさを知った。

そしたら、ご飯を食べるのもめっちゃ早くなって、

友達と食べてると、自分だけ早すぎて暇を持て余すようになった。

 

そんな私です。

なので、食べないお子さんをお持ちの方。

お腹空いたってどういうこと?っていうお子さんをお持ちの方。

きっと大丈夫です。

私のような子なのかもしれません!