読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約と散財のハザマのワーママブログ

都内在住の30代。息子2歳。ワーキングマザーの息抜きブログです。

チケットを最安値で買う。

私には好きなアーティストがいます。

インディーズなので、いつもチケットをぴあ的なところで買うのですが。

 

昔から音楽が好きなので、チケットを買うことが多い人生でしたが、

今、ネットでチケットを買うとどうしてこんなに手数料がかかるんだろう?

といつも感じます。

昔はこんなのなくて単純にチケット代だけだったと思う。。確か。。

 

私の好きなアーティストはいつもeプラスで先行発売(プレオーダー)をするのですが、

先行でなくても買えそうなくらい大きいキャパの場所でやる場合は、先行では買いません。

 

なぜならeプラスは手数料がかかりまくるから!!

 

今回のチケット(3500円)をeプラスで買った場合

 f:id:mayth:20170416110333j:image

チケット料金3500円

システム手数料216円

振込手数料216円(クレジットカードだと必要なしかも)

店頭発券手数料108円

合計4040円

 

ちなみにeプラスのプレオーダーで買っていた場合、

これにプラス500円がかかるので

合計4540円

(プレオーダー手数料は公演により異なるそうです)

 

チケットそのものの値段より1000円以上多く払うという罠。。

高っ!!

まあ、それでも取りたい入手困難チケットなら、私も支払いますけども。

 

で、今回のチケットをぴあ(web)で買った場合。

f:id:mayth:20170416110942j:image

eプラスの通常発売と同じ4040円

 

ローソンチケットの場合

f:id:mayth:20170416111630j:image

3824円

店頭支払を選択しましたが、支払手数料はないようです。

(店頭で上乗せされるか分かりませんが)

 

そして、最終的に私が購入した方法は、

ローソン店頭のloppiで購入、その場での発券。

このアーティストのチケットをとる場合はだいたいいつもこの方法でやっています。

 

画面を撮影し忘れましたが、

上乗せ分は店頭発券手数料の108円のみ。

無事に3500円のチケットが3608円で買えました!

 

近くにローソンがある場合はloppiでの直接購入がオススメです!

 

ちなみに、入手困難チケットの場合、発売初日特電とかだと繋がりにくいので、

ローソン店頭でloppiで購入するパターンは使えると思われます!

ただし少し前に店頭に行ってloppiの前を陣取っておく必要がありますが。。

無痛胃カメラに感動。

今日は会社を午前半休して胃カメラを受けて来ました。

時々胃の痛みを感じるのと、めまいのこともあり、身体中を調べておこうと思って。

 

夫がポリープで時々お世話になる無痛胃カメラの病院に電話すると2ヶ月待ち。

もっと早くできるところはないかと探したところ、より家に近いところで無痛をやっているところがあり、そこに電話。

そこは当日でもやってくれるところ!

 

さすがに、と思い2日後の予約にして、それが今日でした。

 

胃カメラといえば、10年前に受けた辛い思い出が蘇る…。

多分過去に2-3回受けたことがあるんだけども。

10年前は本当に辛かった…。

オエッオエッとなり涙が溢れる…。

あれを思うと本当にやりたくない。

しかも特にそんなに胃の調子も悪くならず10年超が経過。

 

昨年受けた夫は「寝てる間に終わって全く辛くなかった」。

今はそんな技術があるのね!と。

 

そして本日。

問診を受け、自分で画像を見ながらやるとか、色々胃カメラのスタイルは選べるらしく、どんなものがいいですか?と聞かれ

「とにかく痛くない辛くないもので…」と言うと、静脈麻酔をして寝ながらやるものを提案してくれホッ。。

 

検査室に入るとまずは胃の粘膜をキレイにするという液体を飲む。

美味しくはないがバリウムのように辛くもない。

そしてのどの麻酔。

のどの麻酔をするなんて特に聞いていなかった私は

「えっ?これみんなやるんですか?」と看護師さんに聞いた。笑

「やったほうが辛くないと思うので、薬にアレルギーがあったりする方以外はやります」とのこと。

 

口を開けて、注射器のような容器からのどに麻酔を入れる。

しばらく喉に麻酔薬を貯め、その後飲み込む。

これを2回繰り返した。

のどの麻酔は、かかった感じがしてからはちょっとだけ辛かったな。。

 

そして横になり、採血と点滴。

あーやだ、やだ、逃げたい…とずっと思っていた。。

マウスピースをくわえたところで、先生登場。

点滴の横から静脈麻酔を。

2-3分後からだんだん意識が遠のく私…。

 

この声かけによって目覚めたのかは定かじゃないけど、看護師さんに「終わりましたよー」と言われ起きた時には、

マウスピースも点滴もなく、先生もいない状態だった。

今、自分が胃カメラをやったとはとてもとても思えず、

のども胃も、異物感やカメラが通った感じなどはゼロ。のどの麻酔ももうほぼ取れていたと思われる。

本当にビックリした。

 

その後、リカバリー室のソファで休む。

何分位休んだんだろう。

一回看護師さんが見に来てくれて、「まだ休みたい?」と聞かれ、

お言葉に甘えさせてもらいもう少しそのソファにいたけど、

時間の感覚がかなり麻痺していたからよくわからない。

たぶん検査室に入ってから1時間弱くらいかも。

 

待合室で待っていると呼ばれ、結果の説明。

上部が少しただれていて、あとポリープがあった。

ピロリ菌がいない人のポリープはほぼ心配要らないけど一応生検に出しておきます、とのことだった。

ピロリ菌がいないことは以前健康診断で確認済みです。

 

一応この結果と、めまい関連で血液検査をお願いしたので、その結果を来週聞きにいく。

 

※追記

特に異常なしでした!

ポリープも問題あるものではなかった。良かった〜。

 

しかし、この胃カメラはすごいなと実感した。

夫が絶賛するだけある。本当に無痛。

静脈麻酔が途中で切れる人もいるらしく、それだったらやだな…と思ったけどそんなこともなく。

これならいくらでもできるな。ほんと。

10年前の苦しさは何だったんだ。。

 

無痛胃カメラ、ほんとオススメです。

ママ友とはどうやってできるのか。

私にはママ友がいません。

 

いるのは、もともと友達で、たまたま出産時期がカブった人たち。

正直、この人たちが多いので困ってはいない。

わからないことは相談できるし。

 

そのせいもあるのか、ママ友を積極的に作ってこなかった。

しかも、小さい頃の仲間外れ経験とかもあって私は、いわゆる女子で群れるのが非常に苦手。

LINEグループを作ってペチャクチャ喋るようなママ友は不要。

産まれる前から今もそう思っている。

 

でも気のおけないママ友は1人2人くらい近所に欲しいと思う。。

時間が空いた時にフラッと公園に誘えるような。

ちょっと子供見てて欲しい〜なんて時にサラッと預けられるような安心感も築けたらなお良し。

 

そういうママ友って0歳のうちに作っておくべきだったのかなと思うけど、

うちは1歳2ヶ月で今の街に引っ越してきて、

引っ越す予定ももともとあったので前の街では積極的にママ友を作らず。

ママサークルみたいなのには何度も参加したけど、友達になれるようなものはなかったなぁ。

今のマンションも、同じくらいの子供いるけど、あいさつのみで特に。。

去年クリスマス会みたいのもあったけど、その場の話だけ。。

私は平日働いてるから余計、接点が。。

保育園はみんな送り迎えだけで、会えば挨拶するだけで友達どころではない。

私は顔と子供の名前覚えるの得意だけど、みんな覚えようとも思ってないから

私のことなんて誰も覚えちゃいない。

 

みんなどうやって気の合うママ友作ってるんだろう。すごく不思議。

ママ友作りもそんな必死に頑張らなきゃいけないなんて、私にはそんな余裕も体力もない。

私のめまい症状について:その4 めまい外来

とりあえずやることはやったし…と、運動やらご飯やら睡眠やらを心がけて、

ポジティブでいられるようまた自己啓発本を読んだり、その内容を実践したりして、いったん放置しました。

1月頃、なんとなく少し良くなった感覚があり、「最近あんまりめまい感じないかも」と夫に言った矢先、1月末にはまた酷くなってきました。

 

明らかにメンタルから来ている気がした。

その頃、家族についての心配事が立て続けにあり、かなりのメンタル不調に陥っていました。

寝られないということはなかったけど、朝起きると絶望的な気分になる。

寝られるだけまだマシでしたが。

 

その心配事は晴れたものもあれば引き続きのものもありますが、今はいったんは解消しています。

しかしめまいは今が一番酷い。

 

2ヶ月くらいかかった仕事が落ち着いたタイミングで先日、「めまい外来」を受診しました。

 

めまい外来では、耳鼻科、脳神経内科MRIが何でもなく、定期検診での血液検査でも貧血等がなかったことを伝えると、

首のレントゲンと、紙での心理検査を行う。

心理検査は正常範囲とのこと。

首のレントゲンで、ストレートネックであることが明らかだったため、原因はこれではないかと言われる。

 

ストレートネックである自覚はあったけど、それが原因なのかなぁ…。

薬は漢方と、首の緊張を和らげるものを出そうかと思うと言われたが、

近く妊娠を考えていると言ったところ、服用は任せる。とのこと。

 

漢方だけ飲んでみることにした。

が、以前も処方された苓桂朮甘湯だった。

うーん、もう一度飲んでみるか。。

 

という感じで今に至ります。

自律神経単独の話だと思ってたが、根本の原因はストレートネックにあるのかな…。

分からないけど、とりあえずストレートネック対策を徹底的にやってみようと思っています。

 

私のめまい症状について。その3:脳ドックと心療内科

仕事中にこれまでにない頭痛を経験したことで、

これはこのままではまずい、と本気で思う。

 

私は絶対に鬱病なんかにならない。

変な病気でもない。

しっかりしろ、と言い聞かせ、持ち直す。

 

自分でも不思議だけど、あの頭痛を一回経験したことで、絶対に酷くしない、こんな毎日辛すぎる。と思って、貫き通すことができた。

この、どれだけ自己啓発本を読んでも変われない私が。

 

その後はまずは自律神経を整えようと思い、

朝、Eテレのみんなの体操を毎日の習慣とし、

朝ごはんは子供と一緒に食べ、

夜ごはんも食べない日が多かったけどちゃんと取るようにし、

シャワーだけでなく浴槽に浸かるようにする、

睡眠もなるべく取る、無理して夫の分を作らない

ことを心がけた。

 

その後は脳ドック

耳鼻科にはまあ頭の検査しても異常は何も出てこないでしょうと言われたけど、一応。

MRIをやって、異常無し。

とりあえずホッとした。

 

10〜12月は子供も毎月体調を崩し、それに呼応して毎月、一家でダウン。

私は毎回1-2日で完治するのだけど、

11月に夫が高熱を5日くらい出す風邪をひき、何か変な病気なのではと過剰に心配し、辛かったりもした。

 

とりあえず脳ドックまでして一安心。

このころは並行して心療内科にも行っていた。

が、出される薬(漢方)も効かないし、その心療内科は、ちょっとスピリチュアル系の先生だった。

スピリチュアル系が苦手な私は、初めこそ、まあ騙されたと思って通ってみよう、漢方を飲んでみようとしばらく続けていたが、

数回目の診察で以下のようなことを言われた。

 

「余談だけど、来年の◯月◯日に××で地震が起こる。覚えておいた方が良いよ」

 

…このひとことで私はこの心療内科のことは忘れよう、と思いました。

とても優秀なカウンセラーの方もいましたが、もう一生、診察室に行くことはありません。

 

余談でもなんでも、趣味の範囲での予言は構わないけど、診察の時にそれを言うってどうなの。

しかも、私はそういう災害系が苦手で、◯◯が起こったらどうしよう、と考え具合が悪くなったりするって言ってるのに、

余計不安にさせるってどういうことなんだろう。

本当に医療費の無駄でした。

私のめまい症状について。その2:脳神経内科と頭痛

耳鼻科でグランダキシンを貰って飲むも、一向に改善せず。

耳鼻科の先生も、「これで治ればラッキー。治らないことも多い」と言われていたので、

私はラッキーではなかったらしい。

 

これはなんなんだろ…。

ちなみに、耳鼻科では自律神経が少し乱れてるのだろう、という言葉もあり。

 

次に行ったのは脳神経内科

ここでも、横になってひざの曲げ伸ばしっぽいこと、脚気の検査ぽいこと、

真っ直ぐ歩いたりするような検査などしてみたが、異常なし。

やはり自律神経系とのことで、グランダキシンに加え漢方薬(苓桂朮甘湯)を飲むよう処方される。

 

…やはり効果は見られず。

 

失調症とまでは言われないけど、やはり自律神経系なんだろうか。。

 

その後、「この病気は一体何なんだろう」

「これ以上酷くなって会社を休まなきゃいけなくなったらどうしよう」

「そしたら、保育園追い出されちゃうんだろうか」

と悩んだり。

夫も、仕事が嫌だ辞めたいと言っている時期で、

さらに義母が大荒れで精神的にも体力的にも参っていた。

(義母はのちに統合失調症と判明)

この先どうなってしまうんだろうと思ったり。

 

そんなことを考えていると、

会社で仕事をしている間にひどい頭痛、耳鳴り、そしてボーッとしてしまい、

人の話す声がとても遠く、でも頭の中で響くような音で聞こえたり。

こ、、これは本当にやばい!!

あ、こうやって鬱病とかになるんだな…とか思った。(意外と冷静)

会社で周りに鬱病で長期休職した人が複数いるけど、こんな感じだったんだろうなと思った。

 

続く。

私のめまい症状について。その1:耳鼻科へ

それは突然やってきました。

 

昨年5月。

GW前に育休から仕事復帰したが、初日から子供が風邪をひき会社を休んだりしていて、

GW後が本格復帰だった。

中旬頃、食器を洗っている時(下向き加減)に、クラっと一瞬の違和感を感じる。

 

ん?

地震

 

…ではない。

あー違うか。良かった。

と思う。

 

でも、それからは

最初は数日に一回くらいだったものが、ゆっくりと頻度が増し、

だんだん、2-3日に1回、1日に1回…と増してくる。

 

何とも表現しがたい。

地震かな?と思うような感じや

お腹が空きすぎていてクラクラくる感じにも似てる。

 

9月後半に、意を決して仕事を休み耳鼻科を受診。

寝てる状態から急に起き上がってみるような検査や

追視みたいな検査を一通りしてもらうも、耳鼻科範囲では異常なし。

「お彼岸ごろ、こういう症状で来られる方多いんですよ〜」

と言われる。

そうなのか、と思い、いったんグランダキシンという薬をもらい、耳鼻科は終了。

 

続く。